住み込みの求人はどこで探すか

住み込みの仕事やバイトは、昭和の時代には溢れていました。

とくに職人や肉体労働者は一箇所に集まって暮らし、現在の寮生活のように先輩と後輩が入り乱れながら、仕事を学んでいくというのが基本でした。
現代では、こうした住み込みの求人は少なくなっています。



理由は様々ですが、雇用する側の責任が増大したこと、労働者の扱いについて法律で細かく規定されるようになったこと、好景気の時代が終わり、コスト削減が経済における第一目標となったこと等が挙げられます。
住み込みの求人と言えば、代表格はパチンコ店と、新聞屋でした。


パチンコ店は身元をいちいち確かめませんでしたので、事情があって家を離れた人たちがカップルで潜り込んだり、ときには犯罪者が身を潜めていたこともあります。

真剣に住み込みの求人の有益性の紹介です。

新聞屋の場合は、学生が下宿先も兼ねてアルバイトとして住み込み、卒業後にはそのまま就職というケースも見られました。

最近のAll Aboutをご紹介します。

現代でも、工夫すれば求人は見つけられます。職人や、後継者を探している飲食店などでは弟子入りした人が一緒に生活しながら技術を学んでいくということが、今でもあります。


また、企業が設けている社宅に企業の人間が保証人となって住まわせてくれたり、介護や保育、教育関係のフリースクールのスタッフはその施設で生活していることも多いです。

ただやはり、身体一つで転がり込めたような時代とは違い、審査はそれなりに厳しく通常の面接を突破できるだけのスキルや身元の保証がなければ難しいのは変わりません。